タイヤランド岡山中央 車輪の店 ブログ

新商品タイヤやお得なセール情報などお知らせしています。

☆ファルケン 低燃費タイヤ☆ ☆ZIEX ZE914☆

2015/07/07(火) 20:30:00

この時季に気になってくるのが梅雨ですよね


今日は梅雨に起こりやすいタイヤのトラブルをご紹介したいと思います


H25060401.jpg


<よくあるトラブル>

梅雨どきのクルマのトラブルといえば、「視界の悪さ」「ブレーキの効きにくさ」など、いくつかありますよね。
クルマに慣れていない頃、「フロントガラスの曇りで前が見づらくて慌ててしまった・・・」という経験がある方も
多いのではないでしょうか?
こんなトラブルにあったときの対処方法として、まず“温度差や湿度差による曇り”は、エアコンをつけて乾燥した
空気をフロントガラスにあてれば改善されます。空気が乾燥している日は窓をあければいいのですが、梅雨どきはそうはいかないのでエアコンを使います。
窓の曇りは慌てず対処すれば何とかなりますが、「タイヤのトラブル」ばかりは “とっさの応急処置” では
間に合わないから危険です。
タイヤは使っていくうちにだんだん劣化していくものなので、日ごろのメンテナンスがトラブルを回避します


点検07


<雨の日のタイヤトラブル>

雨の日、高速道路で起きやすい現象「ハイドロプレーニング現象」というのをご存知ですか?
これは、これは、水がたまった路面である程度のスピードを出した時、タイヤが路面をつかみきれずクルマの
コントロールがきかなくなる・・・という現象です。
タイヤが水の上に乗り上げてしまい、スキーのように滑走し、ブレーキもハンドルも全く効かず操縦不能となり
初めて気づくという点でとっても危険なんです
原因の一つは「タイヤの空気圧」。
空気圧が不足すると、タイヤが路面を押さえつける力が弱くなり、水圧に負けて浮き上がりやすくなります。
(ただし、空気圧が高すぎてもダメなので、適正空気圧をチェックしましょう)
また、タイヤの摩耗も原因。タイヤは使えば摩耗していきますが、磨耗しているとタイヤの溝からしっかり水が
排出されず、水がタイヤを覆ってしまって滑りやすくなるのです。



ファルケンの低燃費タイヤ
ZIEX ZE914


H27070701.jpg


ファルケン 低燃費タイヤ


H26082104.jpg
H26082904


ZIEX ZE914ではタイヤ外側の接地面積割合を高め、トレッド面のセンター部を高剛性化。さらにラグ溝とサイプを最適配置した「新パターン」を採用しており、走行中に不要なタイヤ変形を抑制する「高剛性構造」との組み合わせによって操縦安定性を引き上げている。また、柔軟で結合力の強い「シリカコンパウンド」を使って路面との密着性を高めることで優れたウェット性能を発揮し、不要な発熱を抑制する「シリカ用低発熱ポリマー」を採用して転がり抵抗を従来品の「ZE912」から27%低減している。




H26082901
H26282902
H26082903


詳細はコチラ↓↓↓
http://www.falken.co.jp/tyrecatalog/ze914/


タイヤの事ならタイヤランド岡山中央にお任せください
車輪の店
タイヤランドTEL


map.jpg





  1. タイヤ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
|

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

車輪の店

Author:車輪の店
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR