タイヤランド岡山中央 車輪の店 ブログ

新商品タイヤやお得なセール情報などお知らせしています。

雨の日はご注意を!!

2014/07/03(木) 19:42:25

今日は、朝からまとまった雨が降っていましたね

H26070301.png




雨の日にご注意頂きたいハイドロプレーニング現象についてご説明したいと思います


ハイドロプレーニング現象とは
自動車などが水の溜まった路面などを走行中に、タイヤと路面の間に水が入り込み、車が水の上を滑るようになりハンドルやブレーキが利かなくなる現象。水膜現象ともいう。
なお、パワーボートやプレジャーボートなどでの高速走行において、船底の多くを水面上に出し、水の抵抗を軽減する走法も「ハイドロプレーニング」、または単に「プレーニング」と呼ばれる。

なぜこの現象が起きてしまうのか
ハイドロプレーニング現象は、路面に溜まった水の量がタイヤの排水能力を超えた場合に発生する。
当該現象が発生する臨界速度は、負荷荷重とは無関係でタイヤの空気圧に依存するとする研究がある。
具体的には、以下のような状況下で発生しやすい。
タイヤの溝の磨耗タイヤの溝が磨耗する事で、タイヤの排水性が悪くなり、タイヤと路面の間の水を排水しきれなくなる。
同様の状況は溝の内部に砂や小石、雪などの異物が入り込むことでも発生する。
水量の増加路面に溜まった水の量が多く、タイヤの溝では排水しきれなくなり、タイヤと路面の間に水が残る。
タイヤの空気圧不足タイヤの空気圧不足からタイヤと路面の接地面積が大きくなり、タイヤと路面の間の水を排水しきれなくなる。
スピードの出しすぎ高速走行中に水溜りに突っ込むと、水の粘度の為にタイヤの排水能力を水量が超えて、タイヤと路面の間に水が残る。
同じく高速走行時、離対気流や強風などの影響で発生する上向のモーメントとの相乗効果によって水溜りに乗り上げる場合もある。


つまり日頃のタイヤ点検も重要となってきます
点検07

タイヤの安全のために、チェックシート(PDF)をダウンロードして、定期的にご確認ください。



http://tyre.dunlop.co.jp/tyre/products/tyrecheck/check_sheet.pdf




これからの時期お出かけする頻度も増えると思いますのでお出かけ前には是非
タイヤランド岡山中央タイヤ点検


map.jpg





  1. メンテナンス
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
|

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

車輪の店

Author:車輪の店
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR