タイヤランド岡山中央 車輪の店 ブログ

新商品タイヤやお得なセール情報などお知らせしています。

☆ハブ径って??☆

2020/09/18(金) 18:15:44

ハブ径って??な~に??



ハブ径 とは車のホイールの中心にある穴の直径。センターボアも呼ばれる。

H26080403
H26080402

センターボアは、例えば車のホイールを交換するときなどに重要となり、交換するホイールのセンターボアより車のセンターボアが大きくないと装着できない。また、交換するホイールのセンターボアと車のセンターボアを合わせることにより高い精度で回転中心を出すことができる。特に2pcラグボルトを使用してる輸入車ではセンターボアを合わせないと高速走行時等にハンドルのブレや振動が発生する場合があるので注意が必要である。

メーカーによってセンターボアは異なる。スバルの56mm、フォルクスワーゲンとアウディの57mm、メルセデスベンツの66.5mm、ポルシェの71.6mm、BMWの72.6mm等である。また、同じ自動車メーカーでも車種によってセンターボアが異なる場合がある。トヨタの54mmと60mm、ホンダの56mmと64mm、日産の59mmと66mm、マツダの54mmと67mm、三菱の56mmと67mm等である。

多くの社外品ホイールのハブ径は73mmから75mmという大きな値に設定されており、あらゆる車に装着出来るようになっている。またハブセントリックリング(略称ハブリング)と呼ばれるパーツを装着する事により、より高い精度で回転中心を出すことができる。

様々なホイールメーカーからホイールが発売されていますが、
PCDとホール数、ボルト径が合っていれば、汎用性を高める為にハブ径を大きくとっており
その車に装着出来る様に大抵のホイールは造られているのがほとんどです


ホイールの大きく開いているハブ径と純正ハブ径に隙間ができ、隙間が開くとハブボルトのみに車輌の負担が掛かかり危険です。
また、ナット(ボルト)のテーパーでおよそのセンターが出ますが高速走行時ハンドルにブレが発生し危険です。

その隙間を埋めセンターを出し高速走行時のハンドルのブレ防止やハブボルトの負担を軽減させるアイテムが、
・・・
ハブリングです

H26041902.jpg




車輪202009


営業時間 9時30分~18時
   受付 9時30分~17時





map.jpg



  1. ホイール

ホイールのインチアップを楽しもう!!

2018/07/12(木) 18:13:51

ホイールのインチアップを楽しもう

H28070201.jpg


ホイールは、歯車軸の回転をタイヤに伝える役割を持っています。また、装着しているホイールを大きくすることをインチアップといい、タイヤのデザイン性をアップさせることが出来ます

H26042602.png

H26042604.png

インチアップの注意点

タイヤの外径はほぼ同じものを選択してください。

タイヤの外径が変わってしまうようなインチアップをすると、タイヤが車体へ接触する可能性があります。また、タイヤの円周の長さが変わってしまうため、 スピードメーターの誤差が起こる原因となってしまいます。

タイヤ幅は車体との接触やはみ出し装着にならないものをお選びください。

はみ出し装着は法律上でも違反となり、走行上も大変危険です。

ロードインデックス値を同等以上になるようにしましょう。


タイヤはサイズごとに支えられる重さ(負荷能力)が規格で定められています。 この負荷能力はロードインデックス(LI)という指数でタイヤに示されています。 インチアップするサイズの負荷能力が、標準タイヤの負荷能力を下回らないようご注意ください。



タイヤのインチアップには、メリット・デメリットがあることを知り、 注意すべき点をしっかり守って行ないましょう。



タイヤランド岡山中央

車輪H300202

map.jpg







  1. ホイール

ちょっとしたタイヤ豆知識!!

2018/05/21(月) 18:41:14

本日はタイヤの豆知識と言うことでランフラットタイヤについて少しご紹介したいと思います
H26042502.jpg



ランフラットタイヤとは


ランフラットタイヤ (Run flat tire) とは、パンクして空気が抜けた後,完全なパンク状態(空気圧ゼロ)になっても、所定の速度で一定の距離を走ることができるタイヤのこと。2001年、トヨタ・ソアラにオプションで設定された。その後、BMWの新車、レクサス、日産・GT-Rに装備されるなど少しずつではあるが普及が進められている。 BMWは当初すべての新車にランフラットタイヤをライン装着していたが米国2012年モデルからは通常タイヤとランフラットタイヤの併売に切り替えている。


利点

通常のタイヤではパンク後操縦性能が悪化し、安全な減速・停止すら困難である。仮に停車できたとしても、後続車に追突される可能性もある。ランフラットタイヤでは、安全な場所までの走行が継続できるため、事故に遭遇するリスクを回避できる。特に、交通量の激しい道路や高速道路のほか、諸外国では、治安の悪い地域や戦闘中など、危険な状態や場所で自動車を停止させ、タイヤ交換やパンク修理をすることを回避できる。

また、スペアタイヤの搭載が不要になり、トランクスペースの拡大、デザイン自由度の向上、車両の軽量化(スペアタイヤを積まないことによる軽量化分ーランフラットタイヤ化によるタイヤ質量増加分)による燃費の向上(ランフラットタイヤ自体はノーマルタイヤに比較して重くなり回転慣性マスも増加するため加減速時のタイヤ慣性マス加減速分のエネルギーは多く必要でありその分燃費は悪化する)、それによるCO2削減などといったメリットがある。さらに、自動車が廃車にされると、走行距離が伸びずタイヤローテーションを行わない車両の場合、ほとんどのスペアタイヤは未使用にもかかわらずそのまま廃棄され、大きな環境問題となるため、この問題も解消できる。


欠点
通常のタイヤと比較して、未だ開発途上の技術のため、乗り心地やグリップなどの基本性能の点で劣る。生産数が少ないため、製品選択の幅が狭く、サイズやタイプによっては納期がかかることもある。さらに価格が高い。また、タイヤ自身が重くなる傾向があり、省燃費走行に向かない。

またスタッドレスタイヤの設定が限定されている。

磨耗時など新しいタイヤへ交換(ホイールとの脱着)を行うには、従来の交換設備では対応できないため、交換できるショップが限定される。

タイヤがバースト(破裂)した場合や、タイヤのショルダー部(サイドウォール)を大きく破損した場合、落下物を踏んだりしてタイヤのみならずリムまで変形した場合など、ランフラットタイヤであれど走行が継続できないケースもある。


詳細はコチラ↓↓↓
http://tyre.dunlop.co.jp/tyre/products/base/runflat.html


皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております


H290213車輪
map.jpg







  1. ホイール
  2. | トラックバック:0

☆WINTER MAXX02☆

2017/12/16(土) 19:56:23

続々と スタッドレスタイヤのご注文をいただいております 

dft_logo2012.jpg

WM0209.jpg


WM0201.png
WM0202.png
WM0204.png

ゴムの密着力を高めて接地面積を増大する「超密着ナノフィットゴム」と、
エッジ成分を増加した「MAXXグリップパターン」の採用により、
「ダンロップ史上 No.1の氷上性能」を実現。
さらに、進化したコンパウンド技術の開発により
「効き長持ち性能」「ライフ長持ち性能」を高次元でバランスさせた
乗用車用ハイスペック・スタッドレスタイヤ。

WM0203.png
WM0206.png
WM0208.png
WM0205.png
WM0207.png


H29121601.jpg


詳細はコチラ↓↓↓
http://tyre.dunlop.co.jp/tyre/lineup/studless/wintermaxx/

WINTER MAXX

スタッドレスタイヤの事ならタイヤランド岡山中央にお任せ下さい

皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております



車輪H291026


map.jpg







  1. ホイール
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ホイールのインチアップを楽しもう!!

2017/09/28(木) 18:38:02

ホイールのインチアップを楽しもう

H28070201.jpg


ホイールは、歯車軸の回転をタイヤに伝える役割を持っています。また、装着しているホイールを大きくすることをインチアップといい、タイヤのデザイン性をアップさせることが出来ます

H26042602.png

H26042604.png

インチアップの注意点

タイヤの外径はほぼ同じものを選択してください。

タイヤの外径が変わってしまうようなインチアップをすると、タイヤが車体へ接触する可能性があります。また、タイヤの円周の長さが変わってしまうため、 スピードメーターの誤差が起こる原因となってしまいます。

タイヤ幅は車体との接触やはみ出し装着にならないものをお選びください。

はみ出し装着は法律上でも違反となり、走行上も大変危険です。

ロードインデックス値を同等以上になるようにしましょう。


タイヤはサイズごとに支えられる重さ(負荷能力)が規格で定められています。 この負荷能力はロードインデックス(LI)という指数でタイヤに示されています。 インチアップするサイズの負荷能力が、標準タイヤの負荷能力を下回らないようご注意ください。



タイヤのインチアップには、メリット・デメリットがあることを知り、 注意すべき点をしっかり守って行ないましょう。



タイヤランド岡山中央

H290213車輪

map.jpg







  1. ホイール
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
| 次のページ

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

車輪の店

Author:車輪の店
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR