タイヤランド岡山中央 車輪の店 ブログ

新商品タイヤやお得なセール情報などお知らせしています。

よく見るアイツ・・・・・

2019/04/21(日) 17:15:56

よく見るアイツ・・・・・・

ビバンダムくんって??



H26060901
登場当時のビバンダム

マスコットのビバンダム(Bibendum )は世界で最も古いトレードマークの一つとして有名で、ミシュランを語る上ではずせない存在の一つでもある。

ミシュラン
ミシュラン(仏: Michelin、フランス語発音: [miʃlɛ̃])は、世界で初めてラジアルタイヤを製品化したフランスのタイヤメーカーである。2005年にブリヂストンに抜かれるまでは世界最大手のタイヤメーカであった。

同社の発行する、いわゆる「三つ星」評価付きの旅行ガイドブック『レッドガイドブック』を指す場合も多い。

H26060902
現在のビバンダム

通称「ビブ」。日本語サイトでは「ミシュランマン」とも。お化けのような格好は実は彼自身がタイヤでできているためであり、昔は車のタイヤがパンクした現場で身の一部を供しているという、まるでアンパンマンの一幕のようなイラストが使われた広告もあったようである[1]。彼の体の「タイヤ」の幅も昔に比べ広くなっているのは、時代とともにタイヤの幅が広くなったことに由来するとされる。また昔はモンスターのような恐ろしい外見だったが時代とともに変化し、最近は愛嬌のあるデザインになっている。

ビバンダムの姿は高く積まれたタイヤをモチーフとしている。1864年にミシュラン兄弟の「これに手足を付けたらタイヤ人間になるだろう」というユーモアから生まれたが、当時は名前がなかった。1898年にNunc est bibendumというキャッチコピー(ラテン語、「いざ飲まん」の意)が入った広告に描かれ、数か月後にティエリーというレーシングドライバーがアンドレを見かけた際に「おや? ビバンダムじゃないか」と声をかけたことが、このキャラクターの名前の由来となった。

このポスターの構図は、もとはビール醸造所の看板のために考えられたものであった。惹句はホラティウスの『詩集』から取られたもので、ここでは乾杯の文句として用いられている。グラスに注がれたガラス片や釘を見てもわかるように、障害物を「呑み込む」つまりパンクに強いタイヤということをうたったものである。

彼の体の色が白いのは、当時はまだ炭素によるゴムの強化が発見されておらず、タイヤの色も白かったためである。

ビバンダムの容姿から名前が付けられた「ミシュランタイヤ症候群」という疾患が存在する。常染色体優性遺伝の疾患で腕や体などの皮膚にリング状の溝ができ、折り目が付いてしまうのが特徴である。



タイヤランド岡山中央でもビバンダムがお客様のご来店をお待ちしております

H26060903.jpg

MICHELINタイヤの事ならタイヤランド岡山中央にお任せください

H25042302.jpg





車輪H31020501
車輪H31020502



map.jpg






  1. その他

雨の日は「〇〇〇〇現象」に注意!!

2019/04/20(土) 17:46:38

雨の日は「ハイドロプレーニング現象」に注意



H26080701.jpg



そして、溝の浅くなったタイヤで濡れた路面の上を高速走行していると、「ハイドロプレーニング現象」が発生する可能性がある。


ハイドロプレーニング現象とは


「ハイドロプレーニング現象」は、雨天の高速走行で発生する車の水上滑走現象のことで、タイヤと路面の間にできる水膜により、ブレーキもハンドル操作もきかなくなってしまうというものだ。溝の浅いタイヤでとくに発生しやすく、未然に防ぐには、スピードの出しすぎに注意することはもちろん、タイヤの溝の深さをしっかりと確認しておくことも重要だ。しかし調査では、4割以上のドライバーがタイヤの点検を行っていないことも判明している。ロングドライブの前には、タイヤ点検が必須だろう。


原因
ハイドロプレーニング現象は、路面に溜まった水の量がタイヤの排水能力を超えた場合に発生する。具体的には、以下のような状況下で発生しやすい。

タイヤの溝の磨耗
タイヤの溝が磨耗する事で、タイヤの排水性が悪くなり、タイヤと路面の間の水を排水しきれなくなる。同様の状況は溝の内部に砂や小石、雪などの異物が入り込むことでも発生する。

水量の増加
路面に溜まった水の量が多く、タイヤの溝では排水しきれなくなり、タイヤと路面の間に水が残る。

タイヤの空気圧不足
タイヤの空気圧不足からタイヤと路面の接地面積が大きくなり、タイヤと路面の間の水を排水しきれなくなる。

スピードの出しすぎ
高速走行中に水溜りに突っ込むと、水の粘度の為にタイヤの排水能力を水量が超えて、タイヤと路面の間に水が残る。同じく高速走行時、離対気流や強風などの影響で発生する上向のモーメントとの相乗効果によって水溜りに乗り上げる場合もある。


タイヤランド岡山中央ではタイヤ点検を無料で実施しています

ロングドライブの前には、是非、タイヤランド岡山中央タイヤ点検


スタッフ1 05


皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。




車輪H31020501
車輪H31020502


map.jpg





  1. その他

ここ最近・・・・・・

2019/04/16(火) 18:24:18

ここ最近天気も良く風も吹いていてとても気持ちの良い日が続いておりますヾ(o´∀`o)ノ


しかしそれと同時に気になることが・・・・・・・・

黄砂です(;゜0゜)

そもそも黄砂とは何なのか
黄砂とは、特に中国を中心とした東アジア内陸部の砂漠または乾燥地域の砂塵が、強風を伴う砂塵嵐などによって上空に
巻き上げられ、春を中心に東アジアなどの広範囲に飛散し、地上に降り注ぐ気象現象のこと。
H29051101.jpg




ここ最近では花粉のような症状が出たり場合によっては肺炎になってしまう
可能性もあるようですΣ(゚д゚|||)



そんな黄砂の予防として・・・・

☆普通のマスクではなく、超微粒子の侵入を防げるマスクを着用する!
☆メガネを装着する!
☆黄砂の多い日は外に洗濯物を出さない!
☆黄砂の多い時期はできるだけ外出を控える!

H29051102.jpg




皆様お出かけの際にはなるべくマスクを着用しましょう(ノ゚ω゚)ノ







車輪H31020501
車輪H31020502




map.jpg







  1. その他

取付にはご注意を・・・

2019/04/15(月) 18:22:41

これからの時期、
スタッドレスタイヤから夏タイヤに装着されるのにあたって注意することは、


ナットの形状などがあります

取付けるホイールによって異なるので注意が必要です




H26112302.png
H26112301.png




気になられた方は是非タイヤランド岡山中央にお越し下さい


スタッフ一同お客様の御来店を心からお待ちしております





車輪H31020501
車輪H31020502


map.jpg






  1. その他

よく聞くお話(*・`ω´・)ゞ

2019/04/11(木) 17:11:35

段々と気候も良くなり過ごしやすなって参りましたがこれからの季節に気になるのが梅雨ですよね(`・ω・´)


雨と同時に物凄い雷も発生する可能性もあります
H29041601.jpg


そんな時に気を付けたいのが落雷ですが、「車内に逃げ込めば安全」
よく耳にしますが実際はどうなのでしょうか



※乗車中の落雷※

自動車の中にいるとき、その自動車に落雷があったらどうなるのでしょうか。
金属でできた箱に電流を流すと、電流はその箱の表面を流れます。
電流は表面を伝って流れ、金属の箱の内部の空洞のところへは流れないのです。
そのため、自動車の中にいる人は落雷があっても、大丈夫なのです。電車も同様です。
ただし、金属はある程度丈夫であることが必要です。
一般に鉄板が厚いほうがいいのですが、最低3mm程度の肉厚が必要です。
薄い鉄板は雷の直撃では突き抜けてしまいます。


H29041602.jpg

※車内での状態※

自動車や電車に乗っているとき、落雷の危険を感じたら、けっして、車の外に出ないことです。そして、もうひとつ重要なことは、中にいる人は、箱の金属(車体)に触れていないことです。できるだけ、車体から離れていること、体の一部が導電性のもので車体と接触していないことです。自動車の中にいるからといって、自動車の壁に寄りかかっているのでは、安全とはいえません。
雷の電流が、車体の内部で空中放電することも、理論的には、ありえますが、通常、考えられるのは、雷電流が車体表面からタイヤを伝わって地表へ流れるということです。このときのタイヤなどのゴムは絶縁体とはならず、ゴムのタイヤの表面を伝わって電流が地面に流れます。ゴムのタイヤがあるから絶縁されて安全なのではなく、電流が金属表面を流れるため自動車の内部は安全なのです。





いかがでしょうか

ただ逃げ込むだけではなくそのあとの行動も大変重要ということですね


これから気候もどんどん良くなりお出かけされる方も多いかと思いますので雷が発生した場合はくれぐれもご注意くださいo(o・`з・´o)ノ
スタッフ1 01









車輪H31020501


車輪H31020502


map.jpg





  1. その他
| 次のページ

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

車輪の店

Author:車輪の店
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR