タイヤランド岡山中央 車輪の店 ブログ

新商品タイヤやお得なセール情報などお知らせしています。

取付にはご注意を・・・

2019/12/09(月) 18:38:40

これからの時期、
夏タイヤからスタッドレスタイヤに装着されるのにあたって注意することは、


ナットの形状などがあります

取付けるホイールによって異なるので注意が必要です




H26112302.png
H26112301.png




気になられた方は是非タイヤランド岡山中央にお越し下さい


スタッフ一同お客様の御来店を心からお待ちしております


車輪H291026



map.jpg





  1. 未分類

☆12月の店休日のお知らせ☆

2019/11/30(土) 12:02:57

12月の店休日のお知らせです


いつもタイヤランド岡山中央のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
誠に勝手ではございますが、下記日程は休業日とさせていただきます。
お客様にはご不便とご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承の程、よろしくお願いいたします。


店休日 12月(1)




スタッフ26
スタッフ28
スタッフ17


車輪H300202


map.jpg





  1. 未分類

☆10月の店休日のお知らせ☆

2019/10/26(土) 12:30:07

10月の店休日のお知らせです


いつもタイヤランド岡山中央のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
誠に勝手ではございますが、下記日程は休業日とさせていただきます。
お客様にはご不便とご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承の程、よろしくお願いいたします。


店休日 2019101




スタッフ26
スタッフ28
スタッフ17


車輪H300202


map.jpg





  1. 未分類

こんな時のために・・・・

2019/09/19(木) 18:32:03

この時季に気になってくるのがゲリラ豪雨ですよね


今日は急な雨に起こりやすいタイヤのトラブルをご紹介したいと思います


H25060401.jpg


<よくあるトラブル>

この時期のゲリラ豪雨によるクルマのトラブルといえば、「視界の悪さ」「ブレーキの効きにくさ」など、いくつかありますよね。
クルマに慣れていない頃、「フロントガラスの曇りで前が見づらくて慌ててしまった・・・」という経験がある方も
多いのではないでしょうか?
こんなトラブルにあったときの対処方法として、まず“温度差や湿度差による曇り”は、エアコンをつけて乾燥した
空気をフロントガラスにあてれば改善されます。空気が乾燥している日は窓をあければいいのですが、梅雨どきはそうはいかないのでエアコンを使います。
窓の曇りは慌てず対処すれば何とかなりますが、「タイヤのトラブル」ばかりは “とっさの応急処置” では
間に合わないから危険です。
タイヤは使っていくうちにだんだん劣化していくものなので、日ごろのメンテナンスがトラブルを回避します


点検07


<雨の日のタイヤトラブル>

雨の日、高速道路で起きやすい現象「ハイドロプレーニング現象」というのをご存知ですか?
これは、これは、水がたまった路面である程度のスピードを出した時、タイヤが路面をつかみきれずクルマの
コントロールがきかなくなる・・・という現象です。
タイヤが水の上に乗り上げてしまい、スキーのように滑走し、ブレーキもハンドルも全く効かず操縦不能となり
初めて気づくという点でとっても危険なんです
原因の一つは「タイヤの空気圧」。
空気圧が不足すると、タイヤが路面を押さえつける力が弱くなり、水圧に負けて浮き上がりやすくなります。
(ただし、空気圧が高すぎてもダメなので、適正空気圧をチェックしましょう)
また、タイヤの摩耗も原因。タイヤは使えば摩耗していきますが、磨耗しているとタイヤの溝からしっかり水が
排出されず、水がタイヤを覆ってしまって滑りやすくなるのです。



タイヤの安全のために、チェックシート(PDF)をダウンロードして、定期的にご確認ください。



http://tyre.dunlop.co.jp/tyre/products/tyrecheck/check_sheet.pdf



タイヤ無料点検


そんなトラブル避けるために日頃のメンテナンスはとっても大切です


タイヤランド岡山中央ではタイヤ無料点検を行なっておりますので
お気軽にご来店ください


皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております



車輪H300202


map.jpg







  1. 未分類

雨の日は「〇〇〇〇現象」に注意!!

2019/09/09(月) 18:48:06

雨の日は「ハイドロプレーニング現象」に注意



H26080701.jpg



そして、溝の浅くなったタイヤで濡れた路面の上を高速走行していると、「ハイドロプレーニング現象」が発生する可能性がある。


ハイドロプレーニング現象とは


「ハイドロプレーニング現象」は、雨天の高速走行で発生する車の水上滑走現象のことで、タイヤと路面の間にできる水膜により、ブレーキもハンドル操作もきかなくなってしまうというものだ。溝の浅いタイヤでとくに発生しやすく、未然に防ぐには、スピードの出しすぎに注意することはもちろん、タイヤの溝の深さをしっかりと確認しておくことも重要だ。しかし調査では、4割以上のドライバーがタイヤの点検を行っていないことも判明している。ロングドライブの前には、タイヤ点検が必須だろう。


原因
ハイドロプレーニング現象は、路面に溜まった水の量がタイヤの排水能力を超えた場合に発生する。具体的には、以下のような状況下で発生しやすい。

タイヤの溝の磨耗
タイヤの溝が磨耗する事で、タイヤの排水性が悪くなり、タイヤと路面の間の水を排水しきれなくなる。同様の状況は溝の内部に砂や小石、雪などの異物が入り込むことでも発生する。

水量の増加
路面に溜まった水の量が多く、タイヤの溝では排水しきれなくなり、タイヤと路面の間に水が残る。

タイヤの空気圧不足
タイヤの空気圧不足からタイヤと路面の接地面積が大きくなり、タイヤと路面の間の水を排水しきれなくなる。

スピードの出しすぎ
高速走行中に水溜りに突っ込むと、水の粘度の為にタイヤの排水能力を水量が超えて、タイヤと路面の間に水が残る。同じく高速走行時、離対気流や強風などの影響で発生する上向のモーメントとの相乗効果によって水溜りに乗り上げる場合もある。


タイヤランド岡山中央ではタイヤ点検を無料で実施しています

ロングドライブの前には、是非、タイヤランド岡山中央タイヤ点検


スタッフ1 05


皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。




車輪H31020501
車輪H31020502


map.jpg





  1. 未分類
| 次のページ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

車輪の店

Author:車輪の店
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR